事業専従者ってなに?アフィリエイターの節税対策/家族に給料を払う

この記事の読了時間は約 6 分です。

この記事は

・節税対策についていろんな情報を集めている
・夫・妻がネットビジネスをやることに賛同している。もしくは一緒にやっている
・ネットビジネスで個人事業主として登録している。
・青色申告をしている
という あなた のための記事です。

ちびちゃんび
ちゃんびです。
きょうは節税対策その2【事業専従者】のお話をします。

ずっと平社員の国吉さん
なんてよむの?

ちびちゃんび
あ・・ごめん。
【事業専従者(じぎょうせんじゅうしゃ)】と読みます。

事業専従者ってなに?

専従とは・・その仕事だけにもっぱら従事すること。

ちびちゃんび
国吉さんの奥さんってさ。
アフィリエイターをするってどう思っているの?

ずっと平社員の国吉さん
う~ん。
どう思っているか・・っていうと

やるのは自由だけど、本当に稼げるの?
っていうかさ。会社辞めるって言わないでよね!

って言われているよ。

ちびちゃんび
そっか。
アフィリエイターって稼げないってイメージがあるからね。
でもね、今日は奥さんも一緒にネットビジネスに巻き込んでしまおう♪

たとえば・・・
奥さんにも給料を払ってしまえば、その給料は【会社の費用】として計上することができるよ!

ずっと平社員の国吉さん
へぇ。そうなんだ。
じゃ~・・・
これから売り上げがあっていけば
逆に奥さんもネットに巻き込んだ方がいいの?

っていうか奥さんの給料ってなに?

ちびちゃんび
たとえば1年間で100万円奥さんに給料を払ったとして
その100万円を会社の経費にできるのよ。

ずっと平社員の国吉さん
まじで!?すごいね。

ちびちゃんび
うん。すごいんだよ!
じゃ~詳しく解説します。

事業専従者として登録する

ちびちゃんび
たとえばあなたが、
アフィリエイターとして稼ぎまくっていて
そろそろ、所得税について考えなきゃ!
って思っていたらね。
奥さんを
【事業専従者登録】して、従業員みたいな?扱いをします。

ずっと平社員の国吉さん
従業員みたいに?

ちびちゃんび
うん。っていっても、
同じ家族だし、同じ給料で生計をたてているから、従業員という扱いじゃなくって、
【事業専従者】という扱いになるんだよ。

家族って一緒に働いていることだね。

そして、【事業専従者】になるには税務署に行って
「青色事業専従者給与に関する届出書」というものを提出しないといけません。

国税庁より PDFがダウンロードできます
「青色事業専従者給与に関する届出書」

青色事業専従者給与に関する届出書の書き方

書く内容といえば、
1. 給料(月額)・・・仕事内容にみあった金額
2. 仕事内容・・・経理事務・メール返信サポートとか・・
3. 賞与(ボーナス)・・・1.5倍とか、年2回10万円とか
4. 昇給の基準・・・毎年おおむね給与の2.5%とか・・
そんな感じでOKです。

ずっと平社員の国吉さん
じゃ~
経費を大きくしたいから
毎月20万円にして・・・・
そしてボーナスは給料の3ヶ月分にして
夏と冬に60万円で・・・

ちびちゃんび
と・・ちょっとまて
コラコラ!!

ずっと平社員の国吉さん
え?なに?

ちびちゃんび
本当にそのくらいの仕事をしてもらっているわけ?

ずっと平社員の国吉さん
いや。
経理の仕事をしてもらおうかと・・
資格はもってないけどさ
ボクが事業主だったら
給料は勝手に決めていいんじゃないの?

ちびちゃんび
そりゃそうだけどね・・
それだと、奥さんは年間300万円にならないか?
給料が発生するんだよ?

といことはさ。
奥さんのほうにも
所得税・住民税が発生するってことだよ。

ずっと平社員の国吉さん
あ・・そっか

ちびちゃんび
あわてなくても大丈夫だよ・・。
その前にそのくらい売上げがあるわけ?

ずっと平社員の国吉さん
いや。これからだよ。

ちびちゃんび
・・・・・・・・・

POINT

給料を8万円って決めたら、それを下回るのはOKだけど、上回る場合はNGです。

「青色事業専従者給与に関する届出書」では月給8万円って書いたのに
毎月10万円渡していたら、経費として認められないよ~ってことね。
でも、8万以下の給料であればOKです。

だから、高めに設定するといいと思います。
年額103万円以内に抑えたいなら、ボーナスも考えて
8~9万円くらいに設定してみる。とかです。

ずっと平社員の国吉さん
じゃ~さ。
節税をしたいなぁってタイミングで、
奥さんを巻き込んでしまえばいいんだね♪♪

ちびちゃんび
そうそう。そうだよ!

事業専従者登録としての条件

ちびちゃんび
普通、会社の従業員として。

たとえば、家族じゃなくって、他人をアルバイト、正社員として雇う場合のことね。

その給与は経費にできるけど、家族は手伝いという意味を含むのね。
だから経費にならない。
でも、それを経費にする方法として、事業専従者登録をするから、ある程度条件があるんだよ!
事業専従者になるための条件
1. 個人事業主と生計を一つにして暮らしている配偶者や親、祖父母、子ども
2. その年の12月31日現在で、年齢が15歳以上(学生は原則不可)
3. 年間のうち6ヶ月以上はその事業に従事すること
ずっと平社員の国吉さん
なるほど。

奥さんは(事業専従者)はネットビジネスが本業じゃなきゃいけない。という意味だね。

ちびちゃんび
そういうこと。
そして、当たり前だけどさ。
もし奥さんの事業専従者としての所得が
103万円をこえたら、
所得税も発生するし、住民税は100万円
くらいから発生するからね。

ずっと平社員の国吉さん
なるほど。
そうかぁ。その辺も考えてやらなきゃね。
じゃ~毎月8万円くらいにしておこう。。

ちびちゃんび
意外と単純なんだね・・・

事業専従者としての給料

ちびちゃんび
あ。あとね~
配偶者控除38万円はなくなるよ

ずっと平社員の国吉さん
あれ?そうなの?

ちびちゃんび
そうそう。そうなんだよ!
もしも奥さんがパートで他の会社で働いているなら、配偶者控除もできるけどさ。

一緒にネットビジネスをしているんだから
1円でも給料が発生したら、配偶者控除は
受けられないってことなのよ。

ずっと平社員の国吉さん
え!!そうなんだ。

ちびちゃんび
そうそう。
事業専従者になった時点で、
たった1円でも給料として支払ったら
もうダメダメよ~

ずっと平社員の国吉さん
え~・・・給料の届出
103万円未満にして
配偶者控除も受けようと思っていた・・・

ちびちゃんび
それは2重で控除しようとしているさぁね。

そううまくはいかないよね。

ずっと平社員の国吉さん
なぁんだ・・

ちびちゃんび
だから、
毎月8万円奥さんにお給料を払っていて、年間所得が103万円未満に
しようとしてもさ。9月から【事業専従者登録】したらどうなる?

ずっと平社員の国吉さん
ええと・・・
9・10・11・12月だから4ヶ月間

8万円×4ヶ月=32万円
控除できるのは32万円だね!

ずっと平社員の国吉さん
あれ?じゃ~もしかして?

この年は事業専従者にしないで
普通の配偶者控除(38万円)のほうお得じゃん!!

ちびちゃんび
そうそう。
よく気がついた!

事業専従者登録をするのは
1月が一番いいってことね♪

ずっと平社員の国吉さん
なるほど。
38万円以上、奥さんに給料が払えるように!そして、

年間所得103万円未満も考えて、
いつ頃、
事業専従者登録したほうがいいのか
考えないといけないってことだね。

ちびちゃんび
はい。その通り~
よくできました!!


 

ずっと平社員の国吉さん
ところでさ・・ボク。
今は会社員でさ
個人事業主じゃないけど?

ちびちゃんび
うん。この情報は
個人事業主として、
ネットビジネスが本業の人むけね・・
もし、アフィリエイトは副業としてだけで
【個人事業主】になりたくない!
という人はこの記事は
参考にならないかも。

ずっと平社員の国吉さん
なるほど。

じゃ~会社を辞めてからの話だね。

ちびちゃんび
あ!!
ごめんなさい・・
そうだ。
これから売上げが上がったらぜひ
この記事も参考にしてください。

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ