副業したら確定申告。経費ってどうやって計上するの?

この記事の読了時間は約 4 分です。

この記事は
・副業(アフィリエイター)で稼いでいる
・確定申告がわからない
・そもそも経費ってなに?

がわからない人のための記事です。

はいさい!ちゃんびです。

確定申告ってやらなくちゃいけないことはわかったけど、
そもそも経費ってなに?経費で計上できるものはどんなものがあるのかを
解説したいと思います。

 

経費ってなに?

ずっと平社員の国吉さん
そもそも経費ってなに?

ちびちゃんび
経費というのは、「費」とつくから、主に「費用」という意味だよ。

ずっと平社員の国吉さん
じゃ~「費用」ってなに?

ちびちゃんび
うん。「費用」は・・・
たとえば、「水道光熱」「雑」「通信」「消耗品」のように
「○○費」ってつけば、
すべて「費用」だよ。

他にも、「家賃」「給料」も含まれるよ。


 

ずっと平社員の国吉さん
え?「給料」も?

ちびちゃんび
うん。「給料」って
サラリーマンのあなたは
「もらうもの!」という認識だけど、「事業主」となれば
「給料」とは従業員に「支払うもの」という認識なの。

一人で働いている場合だったら「給料」は無いと思ってね!
あなたが、事業主だから、「給料」をもらう。というのはない。
からね~


ずっと平社員の国吉さん
じゃ~ボクはいつ「給料」をもらうのさ!

ちびちゃんび
(だから、給料じゃないってば・・・)

それは、

「収入-経費=所得」となるから
「所得」の部分がすべてあなたのもの、となるんだよ

というか「あなたのもの」というより会社のものだけどね(笑)


 

「個人事業主」としての「給料」とは

ずっと平社員の国吉さん
え?会社のもの?
でもボクが社長だから、ボクが「社長」だよね?
自由に使っていいよね?

ちびちゃんび
まぁ。そうだけどさ・・
その「ある意味自由」だけど
それにも注意が必要でさ~

ずっと平社員の国吉さん
え~!!
なんで自由じゃないの?

ちびちゃんび
お金を事業主の口座つくって
そこであつめるじゃん?

「アフィリエイター」としてその口座は
「会社の口座」なわけよ。

毎年平社員の国吉さんのものじゃないわけ。

でもね、そこに残ったお金を使いたいよね?
だったら、そこから自分の口座に移動すればいいわけ。


前回の記事も参考になるから
分からない人は「会社員の副業と確定申告で準備しなければならないこと」をみてね

 

仕分け例
借方(左側) 貸方(右側)
「事業主貸」100,000円 「普通預金(事業用)」100,000円
ずっと平社員の国吉さん
なるほど。
使いたいときもちゃんと個人の口座に移動してから
使わないといけないわけね。

 

事業主貸と事業主借、個人事業主としての勘定科目

ずっと平社員の国吉さん
ところで。
事業主貸」ってなに?
全然わからん!!

ちびちゃんび
うん。
経理ってちょっと難しいけどさ
すべてパターンだから
そのパターンさえ覚えれば、いいだけなんだよね。
事業主貸(じぎょうぬしかし)」という意味は、
個人用としてお金を使った場合という意味だよ。

会社からみれば、「事業主貸」は貸付金(資産科目)になって
個人にお金を貸しているという意味になるよ。

ずっと平社員の国吉さん
う~ん・・
ボクが、ボクにお金を貸している?

ちびちゃんび
そして、逆に事業用のお金が
少なくなったから
個人の通帳から引き出して、事業用のお金として
資金を移動したとするじゃない?

そのときは、会社からみれば、
事業主借(じぎょうぬしかり)
という言葉で個人からお金を
借りているという意味。
負債科目になるんだね。

仕分け例
借方(左側) 貸方(右側)
「普通預金(事業用)」100,000円 「事業主借」100,000円
ずっと平社員の国吉さん
また新しい言葉
事業主借

ちびちゃんび
うん。
事業主借(じぎょうぬしかり)」とは
個人からお金を借りたという意味で負債科目になる。

結局
最終的に「事業主勘定」
「事業主貸」「事業主借」を決算で相殺して「元入金(もといれきん)という勘定科目に振り替えていくんだよ。
今は、ほとんどのソフトで
勝手に決算をすれば
振り替わってくれるから
そこまで意識する必要ないけどさ。

まぁ。資産と負債を相殺して
残ったほうが「元入金」になるんだなぁ
くらいでいいと思うよ。

 

決算期、事業主勘定の仕分け
借方(左側) 貸方(右側)
「事業主借」100,000円 「事業主貸」 50,000円「元入金」  50,000円
逆パターンは
借方(左側) 貸方(右側)
「事業主借」50,000円
「元入金」 50,000円
「事業主貸」 100,000円
ちびちゃんび
一応仕分け例を記載(決算期)
決算期には、全ての「事業主勘定」を逆仕分けして、
資産と負債科目を相殺するよ。

んで。
右と左は一致しないといけないから
その差額を「元入金」勘定で仕分けするわけ。
「元入金」が次年度の繰越金
となるんだよね。

ちなみにだけど・・

元入金が右にある場合は、利益がでていて
元入金が左にある場合は、マイナスってことね。

ずっと平社員の国吉さん
ふぅんそうなんだ。
なんとなくわかったような
わからんような・・
ちびちゃんび
でもさ、
そんな事業主さんにやさしい
「弥生」の「やよいの青色申告オンライン
というソフトがあるんだけど
見た目でえらぶだけで、勝手に仕分けをしてくれるし、
サポートもめちゃくちゃいいから、

経理をやりたくない!って言う人は
「弥生」を使うか、
税理士さんにお願いするか
自分で勉強するか・・。

ずっと平社員の国吉さん
税理士って年間いくらくらいかかるの?

ちびちゃんび
う~ん。
わたし税理士つかったことないんだよね・・
だからよくわからないけど、
無料で相談できるところもあるよ。

でさ。お願いするときは
アフィリエイターの仕事をよく分かっている人に
お願いしたほうがいいと思うよ。

一応さ
アフィリエイトフレンズというASP会社が
アフィリエイターさんように税理士の相談とか
しているから、活用してもいいかもね。
ほかには各都道府県でおいている
「商工会議所」でも
仕分けの相談できるからね。

 

もちろんちゃんびも(分かる範囲で)相談できるから
仕分けがわからん!?
ってなったら聞いてください~ね!


それではニフェーデービタン

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ